お子様の近視治療法について

 

眼鏡やコンタクトレンズはお子様の近視を矯正するために最もよく用いられる一般的な方法ですが、これらは近視の進行を阻止することはできず、逆に症状は年月の経過と共に更に近視が進行します。

 

アトロピン点眼液について

 

アトロピン硫酸塩は検査前(例:屈折や調節遮断)に目の中の毛様体筋を弛緩させて調節機能を取り除く際に使用され、これにより目の症状(例:ブドウ膜炎)を治療する目的で使用する場合もあります。

 

数々の調査の結果、アトロピン1%は近視の進行を遅らせることが発見されており、即ちアトロピン点眼液を投与された学童の群は投与無しの学童の群に比べて近視の症状が進行しなかったこと、言い換えると近視の進行が抑制されたことが確認されています。

 

しかしながら、アトロピン 1%は下記のような副作用をもたらします。

  1. 瞳孔が開き続けることによるまぶしさと強い光による不快感や目の痛み

  2. 遠近調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等の近くを見る必要がある作業が困難になる

  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚

 

シンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)及びシンガポール眼科研究所
(Singapore Eye Research Institute)で実施された臨床試験によりますと、低濃度のアトロピン(0.01%)
は 2 年間に亘り近視の進行を 50~60%遅らせ、しかも副作用は仮に発生しても非常に軽微であるこ
とが証明されています。

 

シンガポール国立眼科センターの研究によりますと、アトロピン0.01%(マイオピン、英語名:Myopine)はアトロピン1%、 0.5%、または0.1%と比較して副作用が極めて低く抑えられており、一方で近視の進行を抑制する効果はほとんど変わりません。

 

本薬品は瞳孔のサイズを若干拡大させるので、お子様は色付き、または近視進行抑制用の眼鏡を別途使用する必要がありません。また、目の乾燥やアレルギー等その他の副作用の発生も極めて稀です。従って、低濃度(0.01%)のアトロピンは高濃度のアトロピン(例:1%)と比較して安全で、目に優しく、しかも快適な目薬と言えます。

 

臨床検査によりますと、マイオピン(アトロピン 0.01%)には下記の事実が証明されています。

 

  • アレルギー性結膜炎、皮膚炎を引き起こさないこと

  • IOP(眼圧)に変化が無いこと

  • 白内障を形成しないこと

  • 点眼終了後も遠近調整機能が喪失せず、または瞳孔の拡大も一時的であること

  • 電気生理学により、網膜の状態は不変であることが確認済

 

お子様へ施す最適な治療法の選択に関しては、眼科専門医にご相談下さい。 

 

マイオピン(Myopine)について